日本基督教団翠ヶ丘教会 附属 相模翠ヶ丘幼稚園さがみ みどり が おかよう ち えん

日本基督教団翠ヶ丘教会

在園児保護者の声

 パソコンも、お勉強も、鼓笛隊もないけれど、それだからこそ、毎日のびのび思いのままに過ごすゆったりとした時は入学前だけの貴重なものです。
 この大切な時に育まれた子ども達は、自分の頭で考え、発展させる力が自然と身につき、そして自分を好きになれるそんなすてきな幼稚園です。
(年長児母)
 子供が少ないので先生方の目が届いて安心です。毎日送り迎えをするので、他のお子さんやお母さんと会うことが出来仲良くなれます。
 幼児期に相応しい、のびのびとした遊びを体験できる幼稚園です。
(年少児母)
 少人数幼稚園で、多くの先生方の手厚い保育が行われています。
 キリスト教の愛の神様を知り、3歳児にして「おやすみした○○ちゃんが早くよくなりますように」とひとりでお祈りするようになる温かい心を育んでくださっています。
 子ども達を保育者と保護者みんなで見守って行くそんな幼稚園です。
(年少児母)
 小さな幼稚園で、年少から年長までお部屋は4つ、一つは絵本のお部屋です
 家ではあまり絵本を読む習慣がありませんでしたが、幼稚園で毎日読んでもらっている本や、園で紹介してくださる本、こどもが毎週借りて来る本などで、絵本もとっても増えました。
 幼稚園には、すぐ手に届くところに色々な宝物があります。木や草花、本、先生そして目に見えない大切なもの…がごろごろしています。
(年中児母)
 毎日親が送迎をするからこそ園での様子を直接伝えてもらえたり、その日のこどもの体調をお伝えできたりする。お帰りには先生にほんの一言「今日はこんなことがありましたよ」と声をかけていただく時の親の嬉しさって結構大きいものだと感じます。
 お誕生会には親も招待されとても嬉しいです。
(年中児母)
 毎日お弁当を作るのは大変、と正直思いましたが、すぐに慣れました。
 それより毎日送り迎えをしていると、自分の子供がいつも誰とどんな遊びをしているのかがわかり、母同士の交流も深まりました。
 何より少人数のいいところはみんなの先生が、子ども達の顔と名前をわかって全員で保育に携わって下さるというところです。
 こどもが毎日幼稚園に行くのを楽しみにして生き生きとした表情で帰ってくるのを見てこの幼稚園に通わせてよかったと実感しています。
(年長児母)